ヘッダーのロゴ

薬局のDXとは?その進め方と、薬局のDX関連製品を調べてみました

デジタルトランスフォーメーション(DX)

この言葉を聞かない日がなほどに、世間でデジタルトランスフォーメーション(DX)の重要性が叫ばれています。

“デジタルトランスフォーメーション”というキーワードのGoogleトレンドによるインターネット上での検索ボリュームの推移ですが、この数年で大幅に拡大しており、世間の関心の高まりがお分かりかと思います。

※Googleトレンド

そこで今回は、調剤薬局におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)、ICT化について、考え、DXを推進するプロダクトを調べてみましたので、共有できればと思います。

調剤薬局におけるDXとは?まずは定義をおさえよう

私自身、今までは「DX」について「IT化することでしょ?」という程度の認識でしたので、勉強してみました。

まず、DXという概念は、2014年にエリック・ストルターマン教授(スウェーデン・ウメオ大学)が提唱しました。

エリック氏によると、DXについて「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」と定義しています。

また、経済産業省が2018年に出したレポートに用いられている定義によると、

企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。

経済産業省:2018年12月「デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン」より

要は、「ITを活用して、企業を変革させ、競合優位性を確立すること」ということになります。

単に「IT化する」ことは手段であり、そのさきに目指すべきゴールがあって初めて、DXとなるということがわかります。

調剤薬局においても、電子薬歴システムや、オンライン服薬指導のシステムなどが徐々に普及しつつあり、ITツールが浸透しつつある状況だと言えます。

しかし、単にそれらのツールを使うだけではなく、「それらのツールを活用し、調剤薬局の組織・ビジネスモデルを変革させ、競合優位性を確立すること」を目指すことこそが調剤薬局におけるDXなのだと言えます。

なぜデジタルトランスフォーメーション(DX)が推進されているのか?

なんとなくDXが重要なのはわかるけれど、なぜ、ここまで推進されているのでしょうか?

こちらも経済産業省のレポートから引用しますが、「2025年の壁」として、このまま日本のDXが進まなければ、

・ビジネスモデルを市場に合わせることができず競争に負ける
・システムの維持管理費の高騰
・システムの維持管理不足

と言った危機的状況を招き、

「2025年以降、最大で年間12兆円の経済損失が生じる可能性がある」と警告しています。

また、実際に国内外の大企業がDXによってビジネスを変革し、成功を収めている事例が出てきていることもあり、DXを推進すべきであるという認識が国全体に広がっていると考えられます。

そのため、日本は国を挙げて、DXをの推進していきたいと考え、予算を割いて、ガイドラインの策定や、DX人材の育成になどに力を入れています。

調剤薬局のデジタルトランスフォーメーション(DX)の普及状況

これまで、医療業界はこのデジタルトランスフォーメーション(DX)が遅れている業界であると言われてきました。

しかし、国としても薬局のDX、ICT化の推進をしており、年々その必要性が現場でも浸透してきています。

厚生労働省の「患者のための薬局ビジョン」では、「対物業務から対人業務へ」「かかりつけ薬局としてのICT化の推進」を明文化しています。

引用:厚生労働省「患者のための薬局ビジョン」より

実際、レセプトコンピュータ、電子カルテ・電子薬歴システムの普及を皮切りに、徐々にデジタルトランスフォーメーション(DX)やICT化が進んでいきましたし、今回の新型コロナウイルスのパンデミックによって、オンライン診療・オンライン服薬指導の需要が高まったことで、医療業界でもさらにデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進がされるようになってきました。

実際、厚生労働省「かかりつけ薬剤師・薬局に関する調査報告書」によると、薬局の電子薬歴システムの普及率が70.9%電子お薬手帳の普及率が約48%であり、どちらのシステムに対応している薬局は全体の約43%となるようで、まだまだ普及の余地はあるようです。

引用:厚生労働省「かかりつけ薬剤師・薬局に関する調査報告書」

※ただし、医療機関の電子カルテ普及率が35%程度であることからすると、薬局業界はより、DXへの意識が高いと言えるかと思います。

調剤薬局のDXの事例

では、調剤薬局では、どのようにDXを考え、進めるべきでしょうか。

事例としては、下記のようなものが挙げられると思います。

●オンライン薬局

最も話題なのが、米国アマゾンが推進している“オンライン薬局”ではないでしょうか?

こちらも、オンライン、デジタルを活用し、薬局そのもののビジネスモデルを変革しているという点で、DXの代表的な事例かと思います。

中国の、JDヘルスは、オンライン診療〜薬の配達まで、一気痛感で提供しています。

●ロボット薬局

ロボット薬局は、日本でもいくつか事例があります。

動画がわかりやすいのでリンクを貼っておきます。

この“ロボット薬局”は、機械が薬剤師の代わりに医薬品の収集や、混ぜたり袋分けする調剤業務を行います。これにより、調剤業務の9割程度を削減することができると言われています。

調剤薬局のDXのポイント

しかし、一般的な調剤薬局では、これらの話題となっている”DXモデル”を、一気に導入すべきかというとそうは思えません。

その理由としては、DXについて明確なイメージを持つ、調剤薬局経営者がまだまだ少ないことがまず挙げられます。

また、患者さんもそのようなDXには混乱するでしょうし、薬剤師側からも「機械化によって自分たちの仕事が奪われてしまうのではないか?」という不安の声もあるようです。

しかし、日本でも確実にDXは進むと思います。

そのため、まずは、“DXの目的共有”と、それを目指した“スモールDX”を行うと良いと考えます。

● DXの目的共有

薬局経営の目標は、患者満足度を高め、多くの患者さんに選んでもらうことです。

以前、患者満足度についての記事を書きましたが、患者さんは、薬剤師をはじめとした薬局スタッフさんのサービスを最も求めています。

しかし、現場では、大量の業務に追われ、十分に患者さんとの時間を確保することができていません。

そこで、DXが活用できます。人は人にしかできない業務に注力し、そうでない業務は機械に任せてしまう。その結果、患者体験価値を“人”の力で最大化する。

これが調剤薬局のDXで目指す方向性だと考えます。

● スモールDXを進める

スモールDXは、私が思いついた言葉ですが(笑)、一気にDXするのではなく、業務フローを整理し、その業務ごとに少しずつDXしていくことを指します。

薬局には下記のような業務がありますが、それらを「人ではなく機械でできないか?」と考えていきます。

業務内容代替案
処方箋の受け取りオンライン、FAX
お薬手帳の受け取り、確認オンライン、AI
疑義照会人、AI
調剤業務ロボット
調剤監査ロボット
服薬指導
薬を渡す配達、ドローン
お会計自動精算機

こう考えると、それほど難しい話ではなく、すでに行っている方がほとんどなのではないでしょうか?

上記のように、DXと言ってもたいそれた発想や投資をするのではなく、“DXの目的共有”をした上で“スモールDX”を徐々に進めていく。という流れを少しずつ積み重ねていけば、患者さんの求めるDXが実現できるのではないかと思います。

薬局のDXを促進するためのプロダクト一覧

「DXを推進するツールってどんなものがあるの?」

という方のために、薬局のDXを促進するための製品を調べてみました。

これ以外にもあるかと思いますので、

「これがないよ!」「これも入れて!」

などありましたら是非ご教示ください😄

システム名機能
alf-web発注サイト
ASKAN在庫管理・発注システム
forecast-epi需要予測型医薬品発注システム
PHCの製品調剤監査システム
Audit調剤監査システム
PHOTバーコード監査システム調剤監査システム
湯山様々な製品調剤監査システム
ナビテック調剤監査システム
湯山の調剤ロボット調剤ロボット
Crestage-Pro分包機
日進医療機器の製品分包機
株式会社トーショーの製品分包機
キャノンライフケアの製品分包機
いろいろある、、、ピッキングシステム
ODSS在庫管理システム
クリオネ在庫管理システム
windyの製品在庫管理システム
ファーミー電子薬歴システム
MAPs for PHARMACY電子薬歴システム
Musubi電子薬歴システム
kusudama電子薬歴システム
solamachi電子薬歴システム
PharnesV-MX電子薬歴システム
Pharma-SEED EX電子薬歴システム
Melhis電子薬歴システム
電子薬歴ハイストーリーイーパーク電子薬歴システム
ENIFVOICE電子薬歴システム
Gooco電子薬歴システム
ヘルスケア手帳電子版お薬手帳
日薬eお薬手帳電子版お薬手帳
お薬手帳Link電子版お薬手帳
薬局むけCARADAパック電子版お薬手帳
harmo電子版お薬手帳
お薬手帳プラス電子版お薬手帳
EPARK お薬手帳電子版お薬手帳
kakari電子版お薬手帳
ポケットファーマシー電子版お薬手帳
Yadocオンライン服薬指導
Pharmasオンライン服薬指導
curonお薬サポートオンライン服薬指導
ホッペ オンライン服薬指導オンライン服薬指導
ヘルスケア手帳オンライン服薬指導
Musubiオンライン服薬指導
CARADAオンライン診療オンライン服薬指導
NECのPOSPOS
ブンギョウメイトレセコン
バイタルリンク他職種連携ツール
レガロレセコン
GOHLレセコン
ファーマアイ予約システム
RESARVA予約システム
E-PRAK薬の窓口予約システム
スマホな薬局予約システム

上記のように、薬局業界でも様々な会社やベンチャー企業が増えてきており、薬局のDX、ICT化につながる製品がどんどん生まれてきています。

最後に

今回は、薬局のデジタルトランスフォーメーション(DX)について、業界の流れから、実際の製品までを調べて紹介させていただきました。

このような業界の流れをどう読み取り、先ほどあげた製品をどのように現場に落とし込むか。

目的や解決したい課題を正しく設定し導入していくスキルが重要になっていきそうです。今後もブログなどを通して成功事例があればみなさんに共有していければと思います。

弊社では、自動精算機による業務改善はもちろん、そのほかの現場を改善するプロダクトの導入についても相談に乗っています。是非お気軽にご連絡ください。もちろん無料ですのでご安心ください。笑

薬局のDX、業務効率化について相談してみたい方はコチラ

それでは次回もお楽しみに!

By ファーマキューブの中の人

記事一覧に戻る

会計業務よ、
さようなら

ファーマキューブの画像