ヘッダーのロゴ

薬局経営勉強会開催しました!

先日、ファーマキューブ企画部で「薬局経営をもっとしろう!」と題して勉強会を開催しました。

目的は、薬局の経営や現場の課題をもっと深くまで知り、製品開発をアップグレードするためです。

・薬局業界の未来
・薬局の利益率向上のポイント
・薬局は今、何に力を入れるべきか?

などの内容を、外部講師を招き、参加メンバーでのグループディスカッションなどを行いました。

外部講師には、株式会社HATA -RAKU代表取締役 石田智也先生。

元大手コンサルティング会社で勤務したのち独立され、現在も多くの薬局さんの経営支援をされているとのこと。

薬局経営勉強会の内容

勉強会の内容をざっくりまとめると下記のような内容でした。

・薬局は対物から対人へ
・薬価差益について
・薬局が撮るべき加算とその撮り方
・薬局の人材採用
・薬局の人材育成・組織マネジメント
・薬局のDXのポイント

そのほかにもたくさんありましたが、非常に勉強になり、薬局の現場で生かせそうな内容ばかりでした。

今回の勉強会の内容を個人的に咀嚼すると。

より良い組織を作り、適切な加算をとるそれによって労働分派追い立を50%以内に抑え、利益体質の薬局にする

ってことだと思いました。ずれていたらすみません。。。

多くの経営者が、薬剤師さんのマネジメントに苦戦し、採用も人材紹介を使うことで経営を圧迫してします。

薬剤師は、基本売り手市場です、なんなら開業もできます。

そのため、「もっと処方箋捌いて」とか、「もっとこの加算とって」などとは、口が裂けても言えない経営者が多いと思います。

自主的に薬剤師が処方箋を多くみて、必要な加算取得に向けた動きをしてくれる組織、、、、そういったものを作っていくことが重要だと感じました。

薬局経営をより良くするために我々は何ができるか?

そのために我々は何ができるか?

日々忙しい薬剤師の業務負担を少しでも減らすこと。です!

それにより、薬剤師にとって働きやすい現場を作ることに貢献する!

です。

ファーマキューブがもっとその部分に貢献していけるよう、製品開発のアップグレード、営業を進めていきたいと思います。

今後も勉強会を定期的に開催していこうと思いますので、ブログでその時の内容など、共有していきたいと思います。

今回は以上です。それでは!

ファーマキューブに関するお問い合わせはコチラ

By.ファーマキューブの中の人

記事一覧に戻る

会計業務よ、
さようなら

ファーマキューブの画像